技術 装備

【簡単便利】スリングのまとめ方

投稿日:

スリングのまとめ方 チェーンノット

 

簡易ハーネスを作ったりお助けヒモにしたりと、登山で何かと重宝するのがスリングです。

ところが、持ち歩くときに無造作にぶら下げると、引っかけて転倒したり、大きな事故やケガにつながることがあります。

命を預けるスリングで、ケガをしては本末転倒。取り扱いには慎重になりたいものです。

ここでは、簡単で便利なスリングのまとめ方を2つ紹介します。(動画あり)

 

 

スポンサーリンク

レクタングル(大)336×280




 

チェーンノット(鎖結び)

スリングのまとめ方 チェーンノット

 

チェーンノットの良さは「かさばらない」こと。複数のスリングを携帯するときに便利です。

結びに時間がかかるのがネックで、現地で結び直すときにはあまり使いません。

  • メリット :かさばらないので携帯性に優れる
  • デメリット:結びに時間がかかる

 

チェーンノットの結び方(手順)

❶ 輪をつくる

チェーンノット 輪をつくる

 

❷ 輪の中からロープを引き出す

チェーンノット 輪の中からロープを引き出す

 

❸ 輪をつくる(❷~❸を繰り返す)

チェーンノット 輪をつくる

 

❹ 最後は末端を引き抜く

チェーンノット 末端を引き抜く

 

止めを解除して引っ張ると、簡単にほどけます。

 

 

 

 

 

ねじり式

スリングのまとめ方 ねじり式

 

素早く簡単にまとめることができるので、現地で結び直すときはもっぱらこの結び。

ゴロンとかさばるので、何本もスリングを携帯するときは考えものです。

  • メリット :素早く簡単にできる
  • デメリット:かさばる、カラビナが必要

 

ねじり式の結び方(手順)

❶ ちょうどいい長さになるまで輪を重ねて束にし、ねじる

ねじり式 輪をつくってねじる

 

❷ 両端の輪を合わせる

ねじり式 両端の輪を合わせる

 

❸ カラビナを通す

スリングのまとめ方 ねじり式

 

 

 

 

わたしの場合は、装備を準備するときは「チェーンノット」にし、山で使用してその場で結び直すときは「ねじり式」にしています。

スリングは輪になっているので、ザックやハーネスにだらしなく垂らしていると、木の枝や岩に引っかかってしまうことがあります。

そんなことを何度も繰り返していると、スリングの強度が損なわれる可能性もあるので要注意。

ぜひ紹介したまとめ方を活用してみてください。

 

記事では細引きで作ったスリングを使用していますが、ロープの扱いに慣れていない人は、初めから縫い付けて輪になっているソウンスリングが安心です。

長さは60cmと120cmを1~2本ずつ持っておくといいでしょう。

 

 

 

関連記事:簡易ハーネスの作り方はこちらで紹介しています。

子ども用簡易ハーネス 着用画像
あると安心!子どもと登山「簡易ハーネス」の作り方

子どもを登山に連れて行くときに便利な「簡易ハーネス」の作り方をご紹介します。 子どもは、脚力が弱くて視野も狭いなど、身体機能が未発達です。登山の間も、つまづいて転んだりバランスを崩したりすることがよく ...

続きを見る

 

 

 

レクタングル(大)336×280




レクタングル(大)336×280




-技術, 装備

Back to Top ↑

Copyright© 登山初心者.com , 2019 All Rights Reserved.