技術

登山で使えるロープの結び方「マスト結び」を覚えよう

更新日:

マスト結び インクノット登山では、危険な場所で身を守るときだけでなく、テントの設営や装備をまとめるときにもロープを使います。

覚えておくと便利なロープの結び方はたくさんありますが、欲張ったところで日ごろから使っていないと忘れてしまうものです。

1つだけ覚えるとしたら何がいいか考えた結果、登山やキャンプで最も使用頻度が高く、応用範囲が広いマスト結びを選びました。

暗闇でも結べるほどしっかり覚えて、体に叩き込んでしまいましょう。

 

1.マスト結び(インク・ノットまたはクローブ・ヒッチ)の特徴

マスト結びは、古くは船舶関連で使われていたロープを物体に結びつけるための結びです。

特徴は

①簡単に結べて簡単に解ける

②いったん結んだ後でもロープの張り調整が簡単にできる

登山では、激しい風雨にさらされながらテント設営することもあります。過酷な環境下では、動作を素早く行えることは身の安全に直結します。

自在結びやてこ結びなど、マスト結びに代わる結びは他にもありますが、スピードではかないません。

スポンサーリンク

レクタングル(大)336×280




2.こんな時に使用します

ペグが刺さらない場所でのテント設営で、砂を入れた袋や石などを使って張り綱する

マスト結び 袋の口を結ぶ

鳩目(穴)がないシートの四隅などを結んで木に結びつける

マスト結び シートの隅を縛る

ペグなどをまとめる

マスト結び ペグをまとめる

物干しロープや柵を作る

マスト結び 柵を作る

 

わたしは直径6ミリ、長さ3メートルの細引きを2本持ち歩いています。何にでも使えるので重宝しています。

 

3.結び方

輪を二つ作ります。ロープの重なりが二つとも同じになるようにします。

マスト結び 輪を作る

輪を重ねます。ここがポイント!右の輪が下に入ります。

マスト結び 輪を重ねる

このようになります。

マスト結び 輪を完全に重ねる

結びたいものに通します。

マスト結び 結びたいものに通す

両側を引っ張って完成。

マスト結び 紐を両側に引っ張って完成

 

立木など、輪を通すことができない場合の結び方

 

4.注意点

マスト結びの特徴である「すぐに結べ、すぐに解くことができ、張り調整ができる」ことの裏返しですが、「両側から引っ張る力がかかっていないと解けやすい」という欠点があります。

そのため、人の命を守るときに使用することはできません。

※クライミングや沢登りなどで人の安全を確保するときは、信頼性の高いエイトノット(8の字結び)を使います。

 

レクタングル(大)336×280




レクタングル(大)336×280




-技術

Back to Top ↑

Copyright© 登山初心者.com , 2018 All Rights Reserved.