行動

見て分かる「歩き方」

更新日:

歩き方にはポイントがあります。知っているだけで、行程の長い登山であればあるほど疲れの差が大きくなります。

 

1.バテない歩き方のポイント

歩幅は小さく、脚が疲れず息切れしない速度で歩きます。

OK:少しずつ上る

登山 良い歩き方 少しずつ登る

NG:一気に上る

登山 悪い歩き方 一気に登る

 

2.バテない下り方のポイント

段差を小さくして、そっと足を下ろします。

OK:小刻みに下りる

登山 良い歩き方 小刻みに下りる

NG:一気に下りる

登山 悪い歩き方 一気に下りる

 

3.ガレ場の歩き方

足元を確認しながらゆっくり体重移動します。

OK:バランスを取りながら歩く

登山 良い歩き方 バランスをとりながら歩く

NG:四つん這い

登山 悪い歩き方 四つん這い

 

4.滑る歩き方、滑らない歩き方

 【石の上】

OK:尖ったところは滑らない

登山 尖った石の上は滑らない

NG:平らなところは滑る

登山 平らな石の上は滑る

 

【怖がってへっぴり腰で歩く】

OK:姿勢はまっすぐ(手前の人)
NG:怖がって腰が残る(後ろの人)

登山 へっぴり腰

 

5.ストックを使った歩き方

頼りすぎないように、補助的に使います。

OK:先にストックを突いてゆっくりと足を下ろす

登山 ストックは足より先に下ろす

NG:体重を乗せすぎて転倒の危険がある(両ストックをかなり前方について体重を預けている状態)

登山 ストックに体重を預けすぎると危険

こんなことで?!と思うかもしれませんが、疲れの差は顕著です。ぜひ実践してみてください。

レクタングル(大)336×280




レクタングル(大)336×280




-行動

Back to Top ↑

Copyright© 登山初心者.com , 2018 All Rights Reserved.