山の栄養学

【比較レビュー】登山で持ち歩くのに便利な経口補水液パウダーを比較してみた

更新日:

経口補水液パウダー 比較

経口補水液にパウダータイプがあると聞いて早速購入しようとしたら、説明は難解で何度読んでも理解でず、成分表記の仕方も各社まちまち。

どれを選んだらいいのか分からない!

ということで、調査・比較してみました。

 

1.比較した経口補水液パウダーについて

入手性と知名度などを考慮して3商品をピックアップしました。

①大塚製薬   OS-1(オーエスワン)パウダー

経口補水液パウダー OS-1
②ミドリ安全  経口補水レスキューパウダー ※製造者:五州薬品

経口補水液パウダー レスキューパウダー
③五州薬品   経口補水パウダーW-AID(ダブルエイド)

経口補水液パウダー W-AID

 

2.成分比較

経口補水とは、塩分と水分を同時に補給するもの。各社製品とも塩分は(約3g/1L当り)ほぼ同等です。
※スポーツドリンクは塩分が少ない(約1g/1L当り)

  大塚製薬
OS-1パウダー
ミドリ安全
経口補水レスキューパウダー
五洲薬品
経口補水パウダーW-AID
エネルギー(1Lあたり) 102kcal/ 84kcal 64kcal
食塩相当(1Lあたり) 2.97g 3g 2.93g
原材料 糖類(ブドウ糖、マルトデキストリン)、食塩、クエン酸Na、塩化K、リン酸Na、糊科(ブルラン)、炭酸Mg、甘味料(スクラロース、タウマチン)、香料 糖類(ブドウ糖、マルトデキストリン)、食塩、クエン酸Na、ビタミンC、乳酸K、香料、甘味料(アセスルファムK、ステビア)、酸化Mg、ビタミンB1 糖類(ブドウ糖、マルトデキストリン)、食塩、海塩、クエン酸Na、塩化K、酸味料、香料、乳酸K、クエン酸、ビタミンC、硫酸Mg、甘味料(ステビア)、ナイアシン、ビタミンB2、ビタミンB1、ビタミンB6

 

3.成分濃度の比較

塩分と糖分のバランス※1が、小腸での吸収されやすさのキーポイントです。

  参考

世界保健機関

(WHO)

推奨組成

大塚製薬
OS-1パウダー
ミドリ安全
経口補水レスキューパウダー
五洲薬品
経口補水パウダーW-AID
Na+(mEq/L) 75 50 50 50
K+(mEq/L) 20 20 20 13
Mg2+(mEq/L) n/a n/a 2 1.3
Cl-(mEq/L) 65 50 50 43
Citrate3-(mEq/L) n/a n/a 41 20
ブドウ糖 75mmol/L 1.8%,100mmol 1.8%,100mmol 0.9%,50mmol
ブドウ糖/ Na+
※1
1倍 2倍

2

1倍
浸透圧(mOsm/L)
※2
245 270 240 167

※1 1~2倍が最も小腸で吸収されやすいと考えられています
※2 浸透圧は血液の浸透圧(270mOsm/L)以下がよいとされています

 

4.味の比較

経口補水液パウダー 3商品の比較

一般的に、経口補水液は決して飲みやすい味ではありません。スポーツドリンクと比較して、塩分が多く糖分が少ないからです。その前提において比較をしました。

  大塚製薬
OS-1パウダー
ミドリ安全
経口補水レスキューパウダー
五洲薬品
経口補水パウダーW-AID
メーカーコメント   グレープフルーツ味で飲みやすい  
個人的な感想 人工甘味料の味 適度な酸味 強い人工甘味料の味
個人的な評価 ×


ミドリ安全「経口補水レスキューパウダー」は、口に含んだ瞬間爽やかな酸味が広がります。味のバランスがよく、最も飲みやすく感じました。

 

五洲薬品「経口補水パウダーW-AID」は人工甘味料の味が強く、舌に残ります。独特の甘さが際立ってやや飲みずらく感じました。

 

大塚製薬「OS-1パウダー」は、香りが若干強めです。人工甘味料の味をやや意識しますが、飲みやすさとしては上記二つの中間です。

大塚製薬の公式通販オオツカ・プラスワンを見てみる

大塚製薬 OS-1

 

塩分と糖分の絶妙なバランスによって身体に吸収されやすく開発されたのが経口補水液です。嗜好品ではありませんので、味に関しては多少目をつぶりましょう。

飲みやすくするためにむやみに味をつけると塩分と糖分バランスが崩れます。「味」はメーカーの腕の見せ所なのでしょう。

 

5.値段(送料が無料となる条件における比較)

OS-1のみ消費者庁から個別評価型病者用食品の表示許可を取得していることもあって値段は高め。

賞味期限を考えると個人で大量購入するには限度があります。緊急時の携帯用に少しでいいという人は、グループでまとめ買いするといいでしょう。

  OS-1パウダー 経口補水レスキューパウダー 経口補水パウダーW-AID
価格 6150円 3456円 3986円
内容量 15g(500cc)×10袋×3箱 13g(500cc)×14袋×2箱 6g(300cc)×50袋
賞味期限 36か月 15か月 24か月
1L当たり価格 403円 247円 266円

※OS-1パウダー、経口補水レスキューパウダーは1L用もあります

 

6.購入しやすさ

OS-1パウダーは現時点(2018年7月)で同社オンラインサイトのみの販売となっています。

  大塚製薬
OS-1パウダー
ミドリ安全
経口補水レスキューパウダー
五洲薬品
経口補水パウダーW-AID
入手性 ×~△
販売先 同社オンラインサイト販売のみ オンライサイト オンラインサイト

大手ドラッグストア

備考 購入ロット中 購入ロット中 少量買い可能

 

7.結論

信頼性を求めるなら、通信販売のみで価格が高めでもOS-1パウダー(大塚製薬)。

比較的安価で飲みやすい味を重視するなら、経口補水レスキューパウダー(ミドリ安全)です。

値段だけを考えるとペットボトルで販売されている経口補水液でもいいのではと思いますよね?

パウダータイプのメリットは、【水】と【パウダー】を別々に持ち歩くことができ、必要な時に経口補水液を作ることができることです。

登山に持っていくのはスポーツドリンクだけという人がいますが、傷の洗浄に使う【水】も必ず携帯する必要があります。

経口補水液は予防的に飲むものではなく、脱水症などいざという時に飲めるようにしたいもの。

ただし、いつ何時飲むか分からない重たい経口補水液を常にザックにしまっておくのは現実的ではありません。

必要なときに携帯している真水で経口補水液を作ることができる「パウダータイプの経口補水液」は、登山では大変便利な商品なのです。

 

参考
「「脱水症」と「経口補水液」のすべてがわかる本」谷口英喜 日本医療企画

 

登山の水分補給に適した飲みのもを知りたい方は、こちらをどうぞ。

登山の飲み物 ナロゲン、ラケン
登山の水分補給はこうする「適した飲み物と必要量」

「登山では飲み物は何がいいんでしょうか?」「どのくらい持っていくといいですか?」 登山歴初心者から受ける質問で多いのが、飲み物に関する質問です。 登山では水分補給がとても大切だと知っていても、どんな飲 ...

続きを見る

レクタングル(大)336×280




レクタングル(大)336×280




-山の栄養学

Back to Top ↑

Copyright© 登山初心者.com , 2018 All Rights Reserved.